2007伊丹国際クラフト展

施設ガイド企画展ジュエリーカレッジ講座ガイド郷町ショップ伊丹工芸クラブアクセスリンク

HOMEへ

2007 伊丹国際クラフト展
2007 ITAMI International Craft Exhibition
主題「ジュエリー」
Theme "Jewellery"
EXHIBITION:10/26(金)〜11/25(日)
Exhibition:26/10(FRI)〜25/11(SUN)
 2007 伊丹国際クラフト展“ジュエリー”は、海外からの出品者も含めて410名の応募がありました。審査員は、各々の作品に向き合って、真摯な討議を何度も行い、その結果、入選者94名(うち海外34名)が選出されました。今回は、日本 韓国 米国 英国 ベルギー スペイン イタリア ドイツ フランス リトアニア オーストラリア スウェーデン ノルウェーに加えて、中国 台湾から新しく応募がありました。益々インターナショナルな展覧会として認知されつつあることをうれしく思います。
 ジュエリーはその国の文化を反映していますが、作家個人として抱くコンセプトは国の境界がないと言えます。
 伊丹市は、クラフトやジュエリーをまちづくりの一つの柱として、伊丹ジュエリーカレッジの開講をはじめ、情報発信と育成にも力をいれております。この国際クラフト展は、ジュエリーを学んでいる方々のみならず、他の分野の作家にも刺激と影響を与えると思います。今回の応募者の中には、ジュエリー以外の分野と思われる方の挑戦も見受けられ、それを実感いたしました。
 江戸時代、伊丹は『酒』を通して文化交流の場でしたが、今、加えて人間と深い関わりを持つ『ジュエリー』を通して、グローバルな文化交流の場を創出しつつあります。その実現に向かってご協力頂いている審査員の方々をはじめ、関係者の皆様に心から感謝いたします。そして、この展覧会がさらに発展していくことを期待しております。
 今後共、関係者各位のより一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
大賞
Grand Prix
「そうそう」
平塚 加代子(日本) 
HIRATSUKA Kayoko(Japan)

素材(Material):鉄・銀・木(iron, silver, wood)
毎日なんとなく、何気に生活をしています。日々をすごしているとふと目にとまる草花、空、そして空気。そんな気持ちを形にしました。何気に手に取り感じていただけたらと思っています。
When I conceived the design of my work, what appealed to my aesthetic sense was commonplace things in my everyday life. This work represents the senses awakened in contact with natural beauty hidden in things like wildflowers, greenery, blue skies, and even a breeze caressing my cheeks. Touch and wear the work, and inspirations like those which struck me might come to you, too.


伊丹賞
Itami Award
優秀賞
Gold Award
「Shaving let」
中森 宙一(日本)
NAKAMORI Hirokazu(Japan)
桧・杉(Japanese cypress, cryptomeria)
「Spin」
小山 泰之(日本)
OYAMA Yasuyuki(Japan)
アルミ・アルマイト染色(aluminum ・ anodising)


グッドデザイン賞
Good Design Award
グッドマテリアル賞
Good Material Award
奨励賞(光陽社賞)
Awards for Promising Talents
(Koyosya Award)
「colors」
薮内 由紀子(日本)
YABUUCHI Yukiko(Japan)
ガラス(glass)
「insignia」
政國 梓(日本)
MASAKUNI Azusa(Japan)
プラスチックゴミ(plastic garbage)
「そことあそこのあれ」
馬場 理紗(日本)
BABA Risa(Japan)
人毛・シリコン(hair, shilicone)


奨励賞(光陽社賞)
Awards for Promising Talents
(Koyosya Award)
審査員賞
Judge's Choices
審査員賞
Judge's Choices
「Schmuckgebilde Sandra 1,2」
綿貫 安則(日本)
WATANUKI Yasunori(Japan)
18KGold , Silver
「GO / SO / STORY」
ケリエンヌ ライーマ(リトアニア)
Laima KERIENE(Lithuania)
gold585°, white gold750°, silver925°
「accessory of hair」
高橋 涼子(日本)
TAKAHASHI Ryoko(Japan)
人毛(hair)


審査員賞
Judge's Choices
 【お詫び 一部氏名に、変換できない英字・漢字が含まれています。一般的な文字を用いていることをお許しください。
 ◆予告 次回『2008 伊丹国際クラフト展』 主題「酒器・酒盃台」
 ◆ P S The 2008 ITAMI INTERNATIONAL CRAFT EXHIBITION
will be held with the theme "Shuki-Shuhaidai"
 ◆お問合せ 伊丹市立工芸センター
TEL:072-772-5557  FAX:072-772-5558 700706@city.itami.hyogo.jp
 ◆ Organizers The Museum of Arts & Crafts ・ ITAMI
2-5-28, Miyanomae , Itami , Hyogo 664-0895 JAPAN
Tel. 81-72-772-5557  Fax. 81-72-772-5558
700706@city.itami.hyogo.jp
「ーuntitled」
竹内 美玲(日本)
TAKEUCHI Mirei(Japan)
プラスティック(plastics)
Copyright (C) 2000 MAC・ITAMI All rights reserved.